calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

★小川商事の中の人

★辰巳物流倉庫の中の人

かちゅみん

欲しいものみつかった?

キーワード:

Amazon.co.jp

今年初の…

 ブログです。

皆さん、あけましておめでとうございます!
…なんてw


最近、ゲーセンの常連の高校生の一人(以下M)がギターを始めたので、それに関する話題を一つ。

オイラ、ギターを弾き始めてかなりの年月が経つけど、初めてビジュアル系といわれるバンドの曲をコピーしました。
そのMに乞われてだけどw
で、その曲とは…


 『Dir En Gray』の『Vinushka』って曲。
まぁ、オイラはDir En Grayってバンドを知らなかったワケだけど、結構海外でも評価されてるみたいだね。

それはさておき、このVinushkaって曲は初心者には耳でコピーするには辛い曲で、ギターのチューニングを変えなきゃ出来ないんです。
初心者には『チューニングを変える』という概念が無いからね。
専門用語で言うと『ドロップD♭』というチューニングになりまして、6弦D♭、5弦A♭、4弦D♭、3弦G♭、2弦B♭、1弦E♭(ノーマルが6弦E、5弦A、4弦D、3弦G、2弦B、1弦E)という構成になります。
まぁ、オイラが預かったデータのファイルが再生スピードが遅くて半音下がりになっていた可能性があるので、もしかしたら普通のドロップDの可能性もあるんだけど(その場合は、上記の音階の♭をノーマル音階にすればOK)時間もあまりなかったので、ざっと大まかなメインになるリフとメロディーをコピーしてみました。

まず最初に、問題が一つ出てきました。
音探しやコード進行探しよりも、もっと深刻な…
オイラの現在のメインで使用してるギターは『フェンダー・ムスタング(日本製の安いヤツw)』ってギターなんだけど、このムスタング(以下MG)はショートスケールな為にノーマルチューニングの場合でも弦のテンションが緩いんだけど、更に1音半下の音階にチューニングを合わせるので6弦が緩みすぎてベロベロになっちゃうんだよねーwww
いやー、弾きにくい弾きにくい!
自分の通常のピッキングだと6弦を弾くと音がビビるし、チューニングが狂うのよw

ここでウンチクを一つ。
同じフェンダー・ギターのストラトキャスター(以下ST)やテレキャスター(以下TL)なんかと比較すると、実はネックの長さはMGも同じなんですよ。
でも、STやTLは21フレット仕様で、MGは22フレット仕様となっています。
つまり、MGのショートスケールというのは、フレット間の幅が通常のギターより狭くなり、そのおかげでオクターブピッチを通常のギターと同じように合わせると、弦のテンションが必然的に下がる形になります。
ギブソンなんかのショートスケールは、ネックを若干詰めてフレット数を減らす…という方法か、ネックとジョイントの位置をずらしてフレット数を減らす…という方法を採ってたりします。
明確な理由は知らないけど、恐らくオクターブピッチを通常に合わせる為の処置だったのでは?…と思います。
こう文章にしてみると、ホント、フェンダー社は革命的なメーカーだなー…と思うw
良くも悪くもMGというギターは面白いですwww

さて、そんな状況でコピーし始めたんですが…
まぁ、結果を言うと基本構成をコピーするのに時間はそんなに掛からなかったな…1,2時間くらいかな?
基本的には、そんな複雑なコード進行ではないんでね。
ただ、リズムが複雑…というか、ノリ一発というか、若しくは滅○○茶というか…
コレを初心者に教えるのは困難…というか無理と判断しました。
なので、今は基本をやらせてます。
だって、無理なんだもんwww

ウチのゲーセンにはM以外にも常連でギターを弾く高校生が居て、その子はもう2年位のキャリアがあるんだけど、ハルヒの『God Knows...』の最初のギターフレーズ『小指を交えたプリング』を未だに出来ない…
というか『どうせ、オレには無理だから…』と勝手に決め付けて練習しない。
Mも同じで、基本中の基本のピックの持ち方を矯正しようとしない。
『これで馴れたから…』とMは言うが、その持ち方で基本が出来るなら文句は無いけど、基本中の基本なカッティングやミュートが出来ないのだから、Vinushkaのリズムやリフを再現するのは無理と判断せざるを得ないんだよね。
それでも一応、オープニングのアコギ部分は簡単なTAB譜を書いて渡したんだけど、もう「この場所プリングじゃなくてスライドじゃダメですか?」なんて訊いてきた。
確かにその子はオイラよりも手が小さいので(オイラも小さい方)、4弦の5フレットを人差し指で押さえながら、薬指で7フレットを押さえて、小指で8フレットを押さえた後直ぐにプリング〜…というのは大変かもしれないけど、ニコ動やつべ等で、手の小さい女の子が一生懸命に巻き弦(6〜4弦)の中間ポジションでプリングやハンマリングを効かせて弾いてるんだから、出来なくはない筈なんだよねぇ…
つか、ニュアンスが変わる事には何とも思わないのかな?
イイならそれでイイんだけどサ…

しかし、なんというか…
今の高校生って努力するの嫌いなんだねぇ。
正直ね、もう教えるのがめんどくさいw
何かしらの解答が出てるのならイイんだけど(良くも悪くもね)、何時も前回と変わらずだからねぇ…
まぁ、それでも見捨てるワケにもいかんので、辛抱強く教えていくけどサ。
放課後ティータイムの面々を見習え!ってんだwww
あ、今日からけいおん2期スタートだ!見なきゃwwwwww
つか、自分でも何書いてんだか判らなくなってきたぞ?www
まぁ、要は格好で入った人に楽器を教えるのは大変!…ってところでしょうか?
ホント、大変だ…w


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック