calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

★小川商事の中の人

★辰巳物流倉庫の中の人

かちゅみん

欲しいものみつかった?

キーワード:

Amazon.co.jp

謹賀新年でございます

皆様今年は何に重きを置いて過ごされますか?
わたくしはとりあえず、週に1度はブログ書いて習慣にする ですw

さて、わたくし第1発目を発報する前に片付けなければならないことがありまして、少々キリキリしておりました。
いつもよりイライラが多い新年でございまして、心に余裕がなかったと申しますかそんな感じで あ−っ!もぅ!何もしたくねーーーーーー!!

と、愚痴な話題を変えまして
カメラ持って行かなかったので今回は報告のみで、次行ったとき必ず書きますが、家からほど近い(訳でもないけどw)ところにいいインド料理屋を見つけました。
この界隈(門前仲町−東陽町間)はほぼ無いに近かった印度系のアジア料理。木場のセルフENEOS(安くていいスタンド)脇にある坂を上がったところにインド料理屋が出来たのがたぶん皮切りじゃないかなぁと記憶。
その後ポツポツ出来てきて、気にはなってたんですが、そんなに安くは済まないので順繰り巡ってました。

そんな中出会ったのが『SHIKHAR(シカール)』というお店。
ここのセットを頼んで来たシークカバブとタンドールチキンにびっくり。やべぇ、ちゃんとしてる!
東京のインド系料理屋には大抵タンドールあるんだけれど、けっこうガスのタンドールが多いし、小さめのお店は特に金属タンドールでやってるとこも。イヤ別にだから悪いと言ってるんじゃないんだけれど、なんというか焼く物によっては悲しくなります。保温性と火力の問題なんだけれどねー。
いやーでもここ味も量も接客もかなりトップクラス。自分の中の大衆印度料理というカテゴリーで上位来た!
ららぽ●と●洲とかでいい気になってる人はココ来た方がいい、考え変わるからw。

と、言うくらい美味しいのです。味が日本人向けに整えられている部分もありますが、基本的にどれも美味しいです。
聞くと、この界隈はインド人が多くなり、その為に変な物出すと怒られるそうですw
あ〜なるほど、それなら今度インド人と一緒に来ようかなとか思ってしまったw

あ、北インド料理ですよ。ええ。


じゃあ写真もないから文字でいっちょ。

インド料理屋で食べるときにちょっと気にするといいかもしれないこと。
テーブルマナーというか宗教観と食文化ですが、常に右手で食事しましょう。左利きの人は手こずるかも知れないけど、食事は右手を使って食べるのがインドの常識。
左手はトイレのあとに使ったりする『不浄の手』ですから、インド人に『きゃーー!あの日本人食事もウ●コも一緒の手!』とか引かれますw
右手だけを使いましょうw

あとはーー、そうねー。手で食べるw
カレーもご飯もナンもサラダもみーんな手でw
これが出来れば立派にインドで食事可能ですww。
手に味覚というわけじゃないんですが、感触を楽しむんだそうで…手でも味わうって言うと綺麗かな。子供の頃「食べ物で遊んじゃいけません!」って怒られたりしましたがw、そこまで行きすぎないけれどまぁ楽しんで食べて下さい。
一番いいのはインドの食事をインド人がしているありふれた風景を映した映像(映画など)を見ると身につくかもです。

ということで(どういうこと?)新年の挨拶に代えさせていただきます。
(本当は画を描きたかったけれど出来上がってませんでしたw)


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック