calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

★小川商事の中の人

★辰巳物流倉庫の中の人

かちゅみん

欲しいものみつかった?

キーワード:

Amazon.co.jp

蔵前:登録商標ぶためし うすゐ

 空いてしまったなぁ(・・`)
ネタはチョロチョロ入ってたんだけれど
空き時間まともに取れなくてかまけてましたw

では、今年開店の『登録商標"ぶためし" うすゐ』です。

気がつかずに通り過ぎてしまいそうな、おくゆかしい佇まい…じゃないな、ガラス張りの店だけど店内暗めで開いてないカモって錯覚しそうなそんな感じ。
悪い意味ではなく、とても気づきにくいんですよw
昼間は外の光のせいで店内真っ暗に感じるんだものw

同僚の教官とお昼。この店は何故か行きづらかったけどこの日決行ですw
入って食券。私は煮ぶためし定食の大を選ぶ。教官は焼ぶためし定食 大。

しかしおかしかかし!登録商標ぶためしですって。ぶためしの商標って元楽じゃないの?と思いながら店内をチェックチェック!なんか店員の着てる物の感じといい、厨房の人の顔に既視感がある感じもするし…。


辛煮ぶためし定食
煮ぶためし定食 大(880円)

さて煮豚から。コレはあらかじめ煮て油を落としてある。油と汁っ気が抜けたパサパサの豚小間肉。食感は牛丼とか薄いとんしゃぶの肉みたいな感じね。これに煮汁と、今回いやつなので一味唐が掛けてありました。
一味は舌に当たるときくらいしかみを感じませんが、しばらく食べていると徐々に「あ、これ辛いやつなんだっけ」程度に汗ばんでくる。
盛り方もまさに牛皿のような感じだけど、タマネギとかそう言う混ぜ物が無く肉だけ。だけど油が落ちているので口当たりが軽やかでどんどん行けちゃう感じ。こういう食べ方も結構美味しいな、コレ。


辛焼ぶためし定食
焼ぶためし定食 大(880円)

次は教官にトレードしてもらった焼きの方。
焼き方を見ていると、広げて並べた豚肉をコテで広島風お好み焼きみたいな感じで上から押しつけてる!
出来上がってきた物はキャベツの山の上に敷かれた豚肉タイル。
パリッとはしてますが、薄いベーコンみたいな感じで程よい食感。こっちも焼ぶためし定食だったので一味がドバドバかかってるw

なるほどねぇ、たしかにあまり食べたことないや。
★★☆☆☆
適度に脂が抑えてあって、実にさっぱりとした感じ。定食に付いてるだし巻き玉子は系を食べている際はとても良いアクセントで、口の中をリセットしてくれる。ぶし昆布の佃煮も美味しい(これは壺に入っていて自分で取れる)。
スープはオーソドックスなコンソメ野菜スープっぽい。
メインのぶためしは食感は良いんだけれど、私にはいまひとつ物足りない感じがした。
私的には豚のおいしさというところがもう少し欲しかったかなぁ。味付けとか十分美味しいんだけれど、豚肉の旨味的な部分が少ない気がする。例えば豚肉ではなく油揚げで似た様に作っても同じ味になりそうなそんな感じ。なのにぶためしなんだよねぇ。
ここは恐らく元楽の姉妹店的立場なんだと思うけれど、あの脂ぎって旨味を蓄えたチャーシューにタレとごま油にネギとノリの風味が混ざり合った絶妙なぶためしの方が、より”ぶためし”という称号がぴったり来ると思うんだよなぁw。
いまのままだと『昨日のとんしゃぶの残りを美味しく頂くにはどうしたらよろしいかしら』的なw
まぁひとそれぞれだとは思うけれどw

ごちそーさま

不味くはない。むしろ美味しい。今後も何度か来るウチにもっといろいろ見つけるかも知れませんが、今回は少々物足りなさを埋められなかったのでコレで。
シュウマイもあるみたいなので次回はいってみたいと思います!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック