calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

★小川商事の中の人

★辰巳物流倉庫の中の人

かちゅみん

欲しいものみつかった?

キーワード:

Amazon.co.jp

最速で2度目且つ再評価 麺処 むささんじん

 先週アップしたばかりですが、今回も『麺処 むささんじん』です。

 実は先週アップしたあとすぐに一旦休業入れてなんか変わったと言うことを聞きつけまして、新店だし改善していってるだろうからやる気あって良いなぁと言うことで、行ってみた訳なのです。

 また前回と同じメニューで攻めていこうかと、張り切って席に着きましたw。

むささん4
 さて、まずはメニュー付近が変わりました!

 メニューの文字は印刷されたものとなり、注釈が尽きました。
『らあめんは通常の大盛り分あります』
 そして、手書きでは『男前』となっていたらあめんが『男盛り』となっています。このあたりは心境の変化でしょうか?KOOLさんのblog( http://bit.ly/9WFuTi )には裏メニューとなっていた時の仮名が『男盛り』だったので、そっちになおしたのかな?ともあれ男盛りって方が断然あってますよ!
 それと初回に私も聞いたんですけどw、ちゃんと説明が追加されてました。
『男盛りらあめん (麺2玉+山盛り野菜)』
 分かりづらいモンね、これはとてもいいですね^^。
 さらに、カウンターの見やすい位置には大蒜(にんにく)に関して。
『当店では大蒜の劣化を防ぐため、皮のままご提供させていただいております。』
 客に言われたんだろうなぁ(・・`)。でも客も鮮度管理とかそんとこ分かって下さいよって感じと、店が親切じゃないって言う言い分と、両方分かるなぁと思ってたら新兵器が!にんにくつぶしが入ってるところにハサミがありました!おお、これで皮やヘタをを処理しやすい。

 そうこうしているうちに男盛りがやってきましたよ!!

むささん5
男盛りらあめん (900円)

 さて、実食!


よっ男前っ 麺処 むささんじん

 仮名男盛り…こう書くと女性に厳しそうですが、そういうわけではないデスwまぁある意味厳しいかw
 江戸通りと春日通りがクロスするあたりに出来たラーメン店です。オープンは6月6日で、行ったのが7日だから、オープンしたてほやほやです。
 ここには以前○に貴の文字のまるたか?という店が入っていたのですが、どうも力尽きてしまったようです。

 さて麺処 むささんじん。どうやら豚骨ラーメンのようですね、いやはや東京に豚骨ラーメンは一体何件あるのでしょうかw?
 豚骨醤油で背脂は無しのよう。メニューを見るとラーメンの味は1種類。と言うわけでここにあるのはみーんな量が違うだけっぽい、ならば試しましょう、この男前ってやつを!

むささん1
めにゅーはシンプル

浅草の隠れ家 洋食はぎわら

 間が開きまくりデス…
 書くネタはいくらでもあるのに「きょ、今日はちょっとだけ…」とか別の事やったりすると、なんだかすぐ時間って経っちゃいます><。

 そんな訳でお許しを的に、この浅草界隈でランチを取れる人には(知ってるかもですが)一度行って貰いたいところを書きます。
 まぁわたしの書いた程度ではお客に増加傾向は出ないでしょうが、とにかくオススメ。

 洋食はぎわらは浅草の雷門通りから一本入ったところにあります。
 雷門からだと、まず雷門背にして雷おこし屋の前の横断歩道を渡る。
 右に曲がって2ブロックくらい行くとスタバがあります。このスタバの横断歩道を渡ってから左に曲がって2ブロックほど先にあります。

 ランチは13時30分までくらいなのでご注意、あと木曜定休ね。
 入るとすぐの明るいところにテーブル席。奥はカウンターになっていて、照明はトーンを落とした落ち着ける感じ。また、その奥にもテーブル席があって思ったより広いです。
 接客も上品でとてもやさしい。

 食事は日替わりメニューとランチメニューがいくつかあり、種類が豊富できっと気分に合うモノが見つかると思います。
 私は魚系か日替わりでいつも攻めますが、どれとっても美味しいので安心して憩いのランチを過ごしますw。

※写真は撮り貯めたモノからなので値段や名前はご勘弁を^-^;

やすべぇ?いいえ、利平です。 つけ麺屋 利平

 派生は多いようですが、この利平やすべぇ系の店です。実は私、やすべぇを相当前に一度くらいしか食べてないんですが、そのときはとても美味しかったのを憶えています。味はよく憶えていないんですが^-^;
 そんなこんなで利平に御座います。
 麺は中太で含水分多め(店内に理由も書いてあります)、麺自体の味は水分の為口当たり薄めに感じますが、食感もよく素性は美味しい麺のよう。
 そんなわけで注文ですが、食券購入制で御座います。

ウマー
辛味つけ麺 大盛り 温盛り 720円 +辛味ダブル 0円

 並盛り220g、中盛り330g、大盛り440gが同額。特盛りは+100円です。あれ?特ってこのぶんだと550gなのか(・・`)
 温盛り(あつもり)暖かい麺で来ます。気分に応じて通常の冷たく締めた麺と選んでます。辛味ダブルとは、辛い付け汁では満足できない人向けに、ラー油を中心に辛味の元を2倍にしてくれるサービスです(無料)。

 さあ、食しましょうか。


この麺は美味しいと思います さいたま屋

浅草ROXの側、以前バレーカレーがあったところにつけ麺のさいたま屋が出来ました。
 とはいえ全く知識無し。食べたことがなかったので入ってみることにしました。

 店内は居抜きで使ってるのでバレーカレーの時のまま、カウンター席のみのシンプルな店。さして取り立てることもないのでさくさく次行きましょうw
 食券を買おうと券売機に立つと、やや?つけ麺の増量にいくらいくらと値段が付いているのに、替え玉で2玉食べられる人はサービスとある。実質増量は無料ということか?すると普通のラーメンにした方が良いのか?そんな事をぐるぐる考えていたら客入ってきたので当初の予定通りつけ麺にして麺は360g増量の+250円増しにした。ちょっと高いと思ったけどまぁおなかすいてたし。

さいたま屋 券売機
見辛いけれど替え玉サービスの張り紙

 トッピングを見てオロチョン味噌の文字が目に入る。最近あまり聞かないなぁと思う…よね?wいや、何かに使われてるのかも知れないけれど、オロチョン味噌って名前自体久しぶりに見た気がしてw。付けちゃえ、エイッ。
 まぁ味噌ラーメンやってるとこなら書かなくても使ってるんだろうなぁと、ど・みそとかも使ってるしね。味噌系が塩辛いだけでなく辛味があるものが多いのはオロチョンラーメンが原因なんだろうなぁとか勝手に思ってます。北海道ではよく食べたなぁ。
 最近は味噌ラーメン遠ざかってたから(東京はだいたい豚骨醤油とか多いしね)、ちょっとウキウキw

 おっと、レビューレビューw


つけめん大盛り
つけめん(750円)+360g増量(250円)

 本来なら上の料金なのでしょう。外国人の店員は何も言わなかったから。横にいたおばちゃん店員が「ああ、増量分ははサービスです、お返ししますね」と言って外国人に指示を出して増量分のお金が戻ってきた(@_@;)。いや、嬉しいんだけどあの券売機は何?wまぁ何かでサービスしてたのかな?w


 では!いざ!

超ごってり麺 ごっつ 2nd Round

 また来てしまいました…
 なんだろうか、とても癖になっている…

 前回レビューから日も経ってますが、実は何度か来ているのです。月に1〜2回のペースでしょうか。
 今回はいつもと趣向を変えて味噌にチャレンジしてみました。

ごっつ味噌大盛り
味噌ラーメン大盛り(脂:ごてごて)

 見た目は醤油と比べて全く変化のない感じ。見たまんまの背脂ごてごてなどんぶりがやって参りました。
 背脂好きではありますが、濃い味は苦手です。なのでごっつは結構気合い入れて食べに来てます。いわゆる(?)ごっつモヲド!(w)』のときに来るようにしてます。ごっつモヲドのときにあっさりしたラーメンなど食おうものなら物足りなくて憤死しちゃうくらいモヲド全開ですw

 さておき、戴くとしましょう。


手打ちたての魔力 中国手打拉麺 馬賊

 浅草界隈では知る人ぞ知る手打ち中華麺の店。
 日暮里や御徒町にもあるんだけれど、まぁとりあえず職場近くで利用するのはこの浅草本店。
 雷門側から行くと、雷門を背にして右へ向かい、芋ようかんの船和や天ぷらの葵丸進を越えると交差点があります。左を向き交差点向こうのスターバックスのさらに向こうへ歩きます。3ブロック程行くと馬賊という看板が見えてきます。最近店内改装したんで綺麗ですよ。
 このお店、始めていくなら混雑時間を避けて行く方が良いです。初めて行かなくてもですが^-^;、打ち立てが良いなら作り置きの無い時間帯(15時くらいとか)がオススメ。
 あと、座る位置も大事で、決して打ち場を背にしてはいけませんw、不規則に店内に鳴り響く麺を叩き付ける音は軽い衝撃を含みます。見ていた方が楽しいというより心の準備が出来るだけ気が楽です。
 私は大抵つけめんを注文します。ここは麺が全てといっても良い程麺の店なので^-^;、麺を楽しめる手段としてかなりコストパフォーマンスが良いのです。

つけめん
つけめん 600円 ちなみに大盛りは+100円

 手延べで伸ばされたの太さは不揃いで、手延べ好きも相まって私には好感触。
 は噛みごたえやその味十分で、そのままでも素性の良さが分かります。コシの強い中華麺はこうもブリブリとして悩ましいのか!ひと噛みごとに小麦の味が広がる広がる。大盛りでも足りないと思えるくらいで一人占めしたい、そんな魅力いっぱいのうまいです。
 つけめんの場合、水に入って出てくるのですが、食事終了するまでにふやけて味の変わる心配もなく、しっかりとしたを頂けます。まぁ細いやつは多少ふやけますが。
 長さも長い方で、切りづらいのも相まってを不器用にたぐるのが多くなるwそんなのも楽しめるひとつ。このたぐりづらさを軽減する為、つけめんは水に放して食べやすくしてるんですね。


だい…ふく?

踏んではいけないものを地雷と表現することが多い。

そんな臭いがぷんぷん漂っているので迷わず2個程購入した。
写真は輸送途中に潰れて残念な状態に…。


驚異のプリン大福 黄色い和菓子。

見た目だけなら『ゆず大福』とか『レモン大福』とかって言われても納得しそうな感じww と、まぁこれってプリン風味を練り込んだすあまみたいなものかなぁw 食べる前からドキドキです。
勇気を振り絞って割ってみようかな…

門前仲町:背脂豚骨しょうゆがっつり 弁慶

かつて門前仲町がまだ平和だった頃w
越中島の歩道橋付近に車で出していた屋台ラーメンの『深川谷やんラーメン』が永代通りに店を構えた。
その昔、ステーキ屋のアオキは高級店だった。富岡わきの焼き肉バイキングとらやは定番だった。
そういえば門仲交差点にリバストンって珈琲豆屋があって、よく買っていたなぁ…。
ゲームセンターといえばオレンジハウスかユタカだった。
あの頃からずっとある洋菓子のコトブキヤカフェ東亜サプライ
門前仲町も日々移ろっている。

と、そんなおっさんトークはポイw ホジホジ(´σ_` ) ポイ( ´_ゝ`)σ ⌒゜
まぁ結構前からあるって言おうとしたらもっとずっと前から書き出しちゃったのでw

木場から東陽町までをラーメン激戦区の1区域とすれば、門前仲町から木場までもまた、ラーメン激戦区の1区域だろう。
丁目を付けるとすれば、皇居に近いのは門仲なのでラーメン激戦区1丁目w。
ここには長いことココでラーメンを生業にする店が多い。

深川谷やんラーメン 本店
弁慶
蘭丸
こうかいぼう

きりがないかw
そんな中で、10年ほど前には週2度は食べていたw弁慶に、行ってきました。
とはいえ今でも2ヶ月に1度は行くんだけれどw

一時期来なくなったんだけど、勤務地が銀座や本郷だったので来づらくて、そのうち好きなラーメン屋は現地調達というかまぁ通勤コースに求めて何軒か見つけちゃったんだよねぇ(・・`)。
今は駒形で働いてるので、帰り道には門前仲町店があるw
健康の為に門前仲町から自転車や歩きで帰る事もあるんだけど、ついついラーメン食べちゃって台無しな私w、でもそういう誘惑が働くんだよなーw。

弁慶1
しょうゆらーめん(700円)+大盛り(200円)

スープは背脂豚骨しょうゆの王道的味だと思う。オーソドックスな感じね、昔からこのスープの旨さは変わらない、そしてキリキリと塩辛い。最近は体調的にも年齢的にもスープを残さずとはいかないが、背脂掬って飲むくらいはするw。豆板醤入れるともっと塩辛くてたまらんからなぁ、入れないで於こうw
なんか今回のチャーシューはしっかりとした歯ごたえで、とろとろで薄い食べ慣れたチャーシューではなかった。薄いのは同じだったけどw。
中太の麺はぶりぶりだし噛み応えもじゅうぶん。麺食べに来てる気もするくらいここの麺が好き。どうせスープが塩辛くて飲めないなら、いっそつけ麺食べてみようかなぁ、麺の味もより体感できるだろうし。あ、つけ麺の場合麺は違うのかな?うーん。

蔵前:登録商標ぶためし うすゐ

 空いてしまったなぁ(・・`)
ネタはチョロチョロ入ってたんだけれど
空き時間まともに取れなくてかまけてましたw

では、今年開店の『登録商標"ぶためし" うすゐ』です。

気がつかずに通り過ぎてしまいそうな、おくゆかしい佇まい…じゃないな、ガラス張りの店だけど店内暗めで開いてないカモって錯覚しそうなそんな感じ。
悪い意味ではなく、とても気づきにくいんですよw
昼間は外の光のせいで店内真っ暗に感じるんだものw

同僚の教官とお昼。この店は何故か行きづらかったけどこの日決行ですw
入って食券。私は煮ぶためし定食の大を選ぶ。教官は焼ぶためし定食 大。

しかしおかしかかし!登録商標ぶためしですって。ぶためしの商標って元楽じゃないの?と思いながら店内をチェックチェック!なんか店員の着てる物の感じといい、厨房の人の顔に既視感がある感じもするし…。


辛煮ぶためし定食
煮ぶためし定食 大(880円)

さて煮豚から。コレはあらかじめ煮て油を落としてある。油と汁っ気が抜けたパサパサの豚小間肉。食感は牛丼とか薄いとんしゃぶの肉みたいな感じね。これに煮汁と、今回いやつなので一味唐が掛けてありました。
一味は舌に当たるときくらいしかみを感じませんが、しばらく食べていると徐々に「あ、これ辛いやつなんだっけ」程度に汗ばんでくる。
盛り方もまさに牛皿のような感じだけど、タマネギとかそう言う混ぜ物が無く肉だけ。だけど油が落ちているので口当たりが軽やかでどんどん行けちゃう感じ。こういう食べ方も結構美味しいな、コレ。


辛焼ぶためし定食
焼ぶためし定食 大(880円)

次は教官にトレードしてもらった焼きの方。
焼き方を見ていると、広げて並べた豚肉をコテで広島風お好み焼きみたいな感じで上から押しつけてる!
出来上がってきた物はキャベツの山の上に敷かれた豚肉タイル。
パリッとはしてますが、薄いベーコンみたいな感じで程よい食感。こっちも焼ぶためし定食だったので一味がドバドバかかってるw

なるほどねぇ、たしかにあまり食べたことないや。
続きを読む >>

| 1/2PAGES | >>